独立型の精神保健福祉士事務所です。

【精神医療と薬の問題、私たちの人権】について、しがらみなく発信しています。

減薬サポートを始めたい、福祉法人さん応援

事業所で関わっている利用者さんの、治療方針や薬の処方に、

気になることや疑問、心配なことはありませんか。

医師や医療職とのやり取りに戸惑ったり、自分が専門ではないからと、相手にされなかったりしていませんか。

長年服薬をしていた利用者さんが、ある日、突然、亡くなっていませんか。

 

福祉職は、医療には立ち入ってはいけない。不可侵である、という考えは、間違っていると私は思います。

この国の異常な薬の多さや、過剰な精神医療の管理や指導は、人権問題です。

医療であろうと薬のことであろうと、本人の人権、命を守る使命が、私たち福祉職にはあります。

  

福祉事業所のみなさんは、主治医や医療職よりも遥かに、利用者さんにとって身近で、日々の様子を知っているはずです。

専門家じゃないし、薬のことはわからないし、と躊躇されると思いますが、福祉事業所でも、利用者さんの人権や減薬について

高い意識を持ち、学んだ上で、減薬サポートを実践されている事業所があります。



今の制度や事業所でも、生活面での減薬サポートに取り組むことは可能です。



向精神薬の多剤大量処方、または単剤(1種類)であっても長期処方は、利用者さんの健康を害し、

寿命を縮めます。

身近にいる福祉事業所の職員さんたちが、本人と一緒に学び、環境の調整も含めてじっくりと、

減薬をサポートしていくことが必要だと私は思います。

 

◆これから減薬サポートができる事業所を目指したい。

◆治療や処方について、どうやって見れば、分析すればいいのかがわからない。

◆医療との連携はどうすればいいんだろう。

◆本人や家族に、どうやって伝えたらいいんだろう。

◆減薬をサポートするのに、何が必要なのか知りたい。

そんな思いがある福祉法人さん、事業所さんに向けて、職員向け研修やコンサルテーション、利用者さん向けの講座など行います。

まずは、利用者さんの人権を学ぶところから、具体的な支援についてまで、お伝えします。

ご相談ください(*^-^*)

料金:1時間10,000円+消費税+交通費実費

団体顧問契約:30,000円+消費税+交通費実費/月(月2回・3時間ずつ、団体様へうかがいます)

 

職員研修資料の一部です

減薬サポ―トに必要と思うこと2.jpg